PHPのコードを書く時のルールを備忘録として整理しておきたいと思う。

なぜならいっつも忘れるから(笑)

スポンサーリンク

<?php~~~~?>で囲む

まずPHPのコードは

<?php

で始めて

?>

で終わるのが基本ルール。

「なんで?を入れるわけ?」

って疑問はまぁ置いておこう。

PHPのコードは基本的にHTMLのコードの中に埋め込むから、どこからどこまでがHTMLでどれがPHPコードなのかを識別する必要がある。

だから、<?php で始めて ?>で終わるようにして、

「ここがPHPのコードだよ。」

ってわかりやすいようにしている。

命令の終わりには「;」(セミコロン)

PHPのコードにおいて、命令の終わりには;セミコロンを入れる。

<?php echo 'こんにちは’; ?>

「echo 'こんにちは’;」

部分がPHPの命令。

ちなみにechoは直後の「こんにちは」を画面に出力する命令ね。

この命令終わりのセミコロンは、複数命令がある場合は絶対記入しないといけない。

でもCSSと同じで、命令が1つだけなら省略可能だとさ。

PHP内のコメントアウトは#もしくは//を使う

HTMLのコメントは

<-- ~~~ -->を使う。

PHPは通常HTML内に埋め込まれるから、コメントしたい場合は<-- -->を使えばいい。

でもPHPのコード内、つまり

<?php~~?>の中でコメントを残しておきたい場合は、PHP用のコメント機能を使う必要がある。

それが「#」もしくは「//」だ。

<php
// これがコメントで行末までコメント
echo'こんにちは'; # これもコメントで次の行に行けばコメント解除
?>

コメントを入れるとこんな感じ。

上の例からコメントを抜くと

<php
echo'こんにちは';
?>

となる。

少し紛らわしいのは、HTMLのコメントと違って、コメントの終わりを示す記号がないってことだ。

#や//の後はその行が終わるまですべてコメント扱い。

次の行に改行されたらコメントではないってのが最初は混乱しがちな気がする。

PHPのコメント機能もコメント終わりの記号も作ってくれればわかりやすいのにね(笑)

スポンサーリンク
おすすめの記事