【Tableau】ディメンションとメジャーの違いとは?
Tableauを使い始めた人が最初に混乱するであろうディメンションとメジャーの違いについて解説していきたいと思う。 私自身、仕事において強制的にTableauを使わないといけなくなった時に、「ディメンション?メジャー?日本語で表記してくれ」と嘆いていたので混乱しやすい気持ちはすごくわかる。

ディメンションとは?

ディメンションとはデータを見る際の切り口のことだ。 ディメンションには例えば、下記のような項目が該当する
  • 地域
  • 都道府県
  • カテゴリー
  • 科目
  • 顧客区分
  • 出荷モード(速達、通常配送など)
例えば、「都道府県ごとの合計売上を確認したい。」と思って確認した時のディメンションは「都道府県」だ。 もう1つ例を挙げよう。「顧客区分ごとの平均点を知りたい」という時のディメンションは「顧客区分」だ。 ディメンションは「〜ごとに」と訳してみると理解しやすいと思う。

メジャーとは?

メジャーは足したり、引いたりすることができる数字である。Tableauにおいてはデフォルトでは合計するようになっているが、平均をとったり、最大値・最小値を取ることもできる。 メジャーに該当するのは例えば下記のような項目だ。
  • 売上
  • 利益
  • 利益率
  • 数量
  • 訪問回数
  • ページビュー
など数値で表現できて、足したり、引いたりすることができるものだ。顧客IDや会員番号は合計したり、平均したりできない。そのため、顧客ID、会員番号などはディメンションに該当する。 このメジャーをより深く理解するには集計方法を理解しておく必要がある。

メジャーの集計方法

メジャーは数値なので、合計したり、平均したりすることが出来る。この合計や平均などが集計方法に該当する。 例えば、「地域ごとの合計売上を確認したい!」という時は、メジャーが売上、メジャーの集計方法が合計、というわけだ。 もう1つ例を挙げると、「顧客区分ごとの平均利益を知りたい。」という時は、メジャーが利益、集計方法が平均となる。ちなみにディメンションは顧客区分だ。

まとめ

Tableauを使いこなすためには、最初の最初の一歩としてディメンションとメジャーの区分けは明確に理解しておく必要があると思う。
スポンサーリンク
おすすめの記事