【Tableau】DATEADD関数とは?わかりやすく解説!
今回は対象の日付データに年数や日数を加えることができるDATEADD関数について解説したいと思う。

DATEADD関数とは?

DATEADD関数は前述の通り、対象の日付データに対して指定した「〇〇」年後や「〇〇」日後などの日付を算出することができる関数だ。 例えば、「オーダー日の1ヶ月後の日にちを取得したい」という時やDATETRUNC関数と組み合わせて「注文日の翌月末の日付を取得したい!」という時にDATEADD関数は便利だ。 DATEADD関数は下記のように分解して翻訳してみると関数の意味が理解しやすくなる。
  • DATE=年月日(日付)
  • ADD=足す(加える)
つまり、「DATEADD=年月日を加えることができる関数(日付を足し算する関数)」ということだ。 ADDとなっているから「足すことしかできない?」と勘違いしがちだが、実は指定した日付から年数や日数をマイナスすることもできる。 下記はサンプルスーパーストアのデータにおいて、DATEADD関数でオーダー日の1ヶ月後の日付を取得した例だ。 DATEADD① オーダー日の1ヶ月後の日付がそれぞれ表示されているのがおわかりいただけると思う。 このようにDATEADD関数は対象の日付データに対して任意の日数を加えたり、引いたりすることができる。

DATEADD関数の使用方法

DATEADD関数は他の日付関数と同様に計算フィールドを作成して使用する。 指定の仕方は下図の通りだ。 DATEADD② 具体的に先ほどのサンプルスーパーストアでオーダー日の1ヶ月後の日付を取得する場合は下図のように指定する。 DATEADD④ 上記のように指定して実際にビューに表示されたのが下図だ。 DATEADD④ オーダー日の1ヶ月後の日付が算出されているのがお分かりいただけると思う。

DATEADD関数の利用シーン

DATEADD関数は単独で使うよりもIF関数や日付を切り捨てるDATETRUNC関数や期間を算出するDATEDIFF関数などと組み合わせて使うことが多い印象だ。 例えば、DATEDIFF関数と組み合わせて、生年月日から年齢を算出する計算フィールドに使われる。 また、DATETRUNC関数と組み合わせて、「月末の単一日付指定(3月31日や4月30日などを表示したい時)」などに使われることがある。 個人的に今までの実務ではDATEADD関数を単独ではあまり使った記憶がない。

まとめ

DATEADD関数によって日付データがどのように変わるのかを把握しておくことは実務で日付データを扱う際に結構役に立つ。 「あっこれはDATEADD関数使えば、表現できるんじゃないか?」 と思いつくことも多々あるので、他の日付関数(DATDIFF関数DATETRUNC関数など)と合わせてぜひ習得してほしい。 Tableauの他の関数は下記にまとめているので、活用してみてもらえると嬉しい。 Tableauの関数一覧まとめ  
スポンサーリンク
おすすめの記事