【Tableau】コンテキストフィルターとは?ディメンションフィルターとの違いをわかりやすく解説!

Tableauにはデータソースフィルターやディメンションフィルターなど複数のフィルターがある。

その中でコンテキストフィルターを知った時に私は下記のような疑問を持った。

  • 「コンテキストフィルターって何?」
  • 「他のフィルター(ディメンション・メジャーフィルター)との違いは?」
  • 「どういう時にコンテキストフィルターを使うといいの?」

上記のような疑問を持つ人はきっと多いと思うので、よく使うディメンションフィルターやメジャーフィルターとの違いも明確にしながら整理したいと思う。

スポンサーリンク

コンテキストフィルターとは?

コンテキストフィルターとは、各シートのフィルターシェルフでかけるフィルターの中で最初に作用するフィルターである。抽出フィルターやデータソースフィルターと違い、各シートごとにフィルターをする形だ。

ディメンションフィルターとの違い

「シート上でよく使うディメンションフィルターメジャーフィルターとコンテキストフィルターは一体何が違うのか?」

というのが私は最も疑問だったが、違いはフィルター作用の順番にある。

 

上図の通り、コンテキストフィルターはディメンションフィルターやメジャーフィルターよりも先に作用する。そのため、コンテキストフィルターが適用されると、ディメンションフィルターやメジャーフィルターはコンテキストフィルターを通過したデータのみを処理するようになる。

このフィルターが作用する順番の違いを活かすとディメンションフィルターだけを使っていては出来ないような分析をすることが可能となる。

例えば、ディメンションフィルターより先に掛かるLOD表現のFIXED関数があるが、コンテキストフィルターはそれよりも早く処理されるので、

「FIXED関数を利用したけど、うまくいかない、、、」

という時にコンテキストフィルターを活用することで解決できることがある。

コンテキストフィルターを活用すると便利な時

先ほども若干触れたが、コンテキストフィルターを活用すると便利な時は、例えば下記のような時だ。

  • パフォーマンスを向上させたい時
  • 地域別に都道府県売上高上位~位を出したい時

パフォーマンスを向上させたい時

コンテキストフィルターを活用すれば、パフォーマンスを向上させられる。

「フィルターを利用して処理が重くなった、、、」

という時はコンテキストフィルターを使うといい。

ディメンションフィルターやメジャーフィルターはデータソースの全ての行にアクセスするため、データ量が多いとパフォーマンス悪化の原因となる。そのため、コンテキストフィルターを活用することでディメンションフィルターやメジャーフィルターがアクセスする行数自体を減らしてしまえばいいのだ。

ディメンションフィルターやメジャーフィルターはコンテキストフィルターを通過したデータのみを処理するようになるので、パフォーマンス向上が期待できる。

地域別に都道府県売上高上位~位を出したい時

コンテキストフィルターは「都道府県の売上高上位~位を地域ごとに表示したい!」という時にも便利だ。

ディメンションフィルターを活用して地域別都道府県別の売上高上位~位を表示しようとすると、上位~位のフィルターは都道府県全体に掛かってしまう。

そのため、地域別に絞り込むと全都道府県の中で上位3位の都道府県を地域別にフィルターするので、関西地方でフィルターをすると「大阪府のみしか表示されてないじゃん、、、」という事態になる。

こういう時にコンテキストフィルターが活躍する。

繰り返しになるが、ディメンションフィルターはコンテキストフィルターを通過したデータのみを処理するようになる。

そのため、「地域」のディメンションをコンテキストフィルターに設定すると、下図のように地域ごとに売上高上位3位の都道府県を表示することができる。

コンテキストフィルターの使用例

このようにコンテキストフィルターを使うとTableauでの表現の幅を広げることができる。

コンテキストフィルターの設定方法

コンテキストフィルターの設定方法は非常に簡単だ。

フィルターシェルフに入れたディメンションフィルターを右クリックして、コンテキストに追加をクリックするだけだ。

コンテキストフィルター設定方法

コンテキストフィルターは下記のようにピルは濃い灰色となる。

コンテキストフィルター設定後

まとめ

コンテキストフィルターを理解し、活用できるようになるとTableauでの表現の幅を広げられたり、パフォーマンスの向上を図ったりすることができる。

重要なのはフィルター処理の順序を整理しておくことだ。この順序を覚えておけば、Tableauの活用の幅を色々と広げられるようになるはず!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事